大小洞天天涯海角無料バス開通儀式が今日午前行うという記事原稿

   

 

三亜大小洞天観光区によると、2015年2月4日の午前、大小洞天天涯海角無料バス開通儀式は三亜大小洞天観光区の太極広場で開催した。三亜市政府のリーダー、三亜市交通局のリーダーなど関係者らが出席した。今回の開通儀式を契機に、三亜の二つの有名観光地としての大小洞天と天涯海角を結ぶ無料バスが正式に開通することを示した。観光客は天涯海角のバス停で無料乗車して大小洞天へ、逆に大小洞天のバス停で無料乗車して天涯海角へ行くことができる。この無料バスを活用して、観光地の間での単一の運営モードを変えて、観光客の交通費用を下げると同時に、交通の利便性を向上できる。

今回開通したルートに使われる車両は、観光バスで、乗り心地が優れている。この観光バスの主な役割は観光客が天涯海角と大小洞天との間での移動に使われて、観光客が便利で快速に乗り換えて目的地に到達できるから、カスタムバスを開通する意義を確かに実現した。
  

今回開通した無料バスのルートは、距離が25.3キロであり、午前8時30分から、午後17時30分まで、15分ごとに1便発車するということである。世界でも有名な海辺観光都市として、三亜市には、天涯海角、南山寺、大小洞天、熱帯天堂森林公園、蜈支洲島、海棠湾免税国際ショッピングセンターなど有名な観光地とショッピングセンターがある。しかし、今までの長期間、色々な原因で、三亜市の観光交通が発達しなく、観光地やショッピングセンターなどへの交通手段は主に観光バス、タクシー、バス、マイカー、無許可のタクシーなどであったが、交通手段の種類が多くても、混乱して、車両の種類やサービスの品質などが違うから、観光客の観光要求を満足できないだけでなく、三亜を国際観光都市とするという位置付けの要求も満足できない。

さらに規範化を行わない観光交通機構は、「観光客の移動が不便で、運転手が観光客を悪意に誘導して買い物をさせたり、無許可タクシーが横行したり、道路が渋滞したりする」という都市に悪い影響を与える都市管理問題を起こした。交通機構の規範化を実現し、サービスの品質を向上できるように、三亜市交通局、三亜市バスグループなど関係機構は、積極的に検討した。三亜市交通局の関連担当者は、天涯海角と大小洞天との間の無料バスを開通すると、三亜市は交通サービスの品質を向上し、業界管理の規範化を実現するために一歩を堅く歩くという意味を持っていると話した。


  • 著作権所有: 大きさ洞天風景区 © 2006-2018 ICP10200969HN 
  • アドレス:海南省三亜市大きさ洞天旅行風景区 電話:0898-86675013 ネットワーク技術:CCOBB
  • 私達は誠心誠意あなたを歓迎して家族と友達の到来