三亜南山大小洞天観光区の八つの観光ルート

ルート1:洞天福地養生長寿観光 

大小洞天は南山の麓に位置している。観光区内では、緑の植物が植えてある地域の面積が85%以上に達して、立方センチ毎のマイナスイオンの濃度は全国でも一位を占めている。南山も長寿の山と呼ばれている。もっと奇妙なことは、大小洞天には3万本の「南山不老松」という木が植えてある。この宝地と、一緒に「寿命が南山の不老松より長い」という人間の千万年の期待を願っている。大小洞天は道家文化を特色にして、観光区内の景色は道家の養生思想を体現している。観光区内の飲食店は、漢方医学の伝統薬膳と海南の熱帯の果物を融合して、道家の養生料理を主にしている。 

ルート2:洞天福地科学普及教育観光 

大小洞天は、海南で開発の歴史が一番早い観光名所であり、こちらには数多くの文物、旧跡が残っていて、海南の有名な名所旧跡保護区である。こちらには豊富な生態資源があり、保存が完備な熱帯海岸常緑季雨林生態システム、3万本の「不老松」などがある。こちらの海岸の礁石から形がそれぞれ違う99箇所の観光スポットが形成されることになる。大小洞天には中国の最南端での唯一の自然博物館がある。その博物館は1.4億年前の生命世界を真実に再現して、恐竜化石を主にしている。 

ルート3:洞天福地登山休憩観光 
 
大小洞天がある南山は、中国の最南端の最高のポイントであり、歴史上でも中国南部の沿岸での有名な山である。伝説によると、二千年前、漢の時代の将軍伏波は南山に登って、剣を試して、「試剣の峰」にある巨石を半分に割ったということである。そのため「試剣の峰」と呼ばれる。洞天で登山する風俗はそれに由来したのである。西暦1187年、崖州の郡守である毛奎は大小洞天を開発した後、この観光地は、人々が登山して感情を表現するための有名なところになった。特に毎年の重陽の日になると、歴代の官僚と庶民はこの山を登って、数多くの賛美の詩歌を書いた。 

ルート4:洞天福地道跡仙踪観光 
 
大小洞天は、宋代から、仙人の洞府として人々によく知られてくる。道家が好きな無数の人々を引きつけて、海南の道教の発祥地と呼ばれる。西暦1187年、崖州の郡守である周康は道家文化を訪れた時、大小洞天を発見した跡、こちらが道家の観光名所になった。毛奎が離任した跡、大小洞天で羽化して仙人になったということであるから、南山大小洞天が海南道教の発祥地になった。伝説により、道教南宗の第五代教主である白玉蟾もこちらに隠居して修練を行い、道教を伝播したということである。 

ルート5:洞天福地鑑真追跡観光 

西暦748年、唐代の高僧である鑑真は、仏法を伝播するために第五回で日本へ渡来する時、海上でハリケーンに遭って、海上を漂流して大小洞天に上陸して、こちらに大雲寺を建てて、仏教文化を伝播したということである。この歴史伝説を記念するために、大小洞天観光区内には鑑真上陸彫刻群を立てて、唐代の有名な高僧である鑑真及びその弟子たちは日本へ渡るために、いろいろな困難を克服し、失敗を心配しなくて、闘志満々の精神を宣伝した。また、観光区内には鑑真沐海、鑑真試海など観光スポットがある。 

ルート6:洞天福地入学試験合格祈念観光 
 
大小洞天がある南山は、古代で鰲山とも呼ばれて、遠くから眺めると、巨大な鰲が海中に浮くようである。鰲山の頂上には「魁星点闘 独占鰲頭」という懸崖の彫刻がある。中国の伝統文化の中で、魁星が文人の保護神と呼ばれるから、科挙の試験で「状元」と評定された人は、鰲壁の前に立って皇帝の旨を受けて合格リストを見なければならないから、人々は「状元」になった人を「独占鰲頭」と呼ばれる。石壁の前に「中華第一神鰲」があり、人々はここで線香を燃やして祀ってもいい。その線香は「鰲頭香」と呼ばれて、受験生たちが順調に合格できるよう祈念するということである。 

ルート7:洞天福地竜王民俗観光 
 
大小洞天内部の鰲山の中腹には、南海に正に向いているところには南海竜王別院が建てられた。院内には高さ1.9メートルの南海竜王の彫刻を祀っている。竜王は龍鱗で作った金色の甲胄を着て、肩に龍の模様のマントを掛けて、鎮海宝剣を手に取って、両足がそれぞれ蛇に踏んで、風を向かえて海の中央にある大波のトップに座っている。竜王は祖国に安定をもたらしたり、民衆に吉祥をもたらしたりするということである。観光区は毎年の旧暦2月2日に盛大な民俗活動である「龍抬頭祭」を主催して、道家の風俗通りに竜王と南海を祀ることになった。 

ルート8:洞天福智風光撮影観光 

大小洞天は昔から独特できれいな海景、山景、石景と洞景により世の中でよく知られて「瓊崖八百年第一山水名所」と呼ばれた。こちらは、雲が深く林の緑が濃く、岩が奇妙で洞が深く、神と鬼の傑作のようである。いろいろな形で人々の目に出た岩が海辺の所々にある。山と海との間は、古くて美しい山水画のようである。宋代から、大小洞天は崖州八景で海南でよく知られた。これらの観光スポットはカメラで撮影する時、一番きれいな景色になり、無数の撮影愛好者を引き付けて、ここで写真をとるということである。大小洞天は毎年様々な撮影イベントを開催する。 
  • 著作権所有: 大きさ洞天風景区 © 2006-2018 ICP10200969HN 
  • アドレス:海南省三亜市大きさ洞天旅行風景区 電話:0898-86675013 ネットワーク技術:CCOBB
  • 私達は誠心誠意あなたを歓迎して家族と友達の到来